塾選びの重要性を感じた中学受験

主人の卒業した学校へ進学させたく、息子に中学受験をチャレンジさせることを決め、早い時期から子供に学校のことを見せたりしてモチベーションを高めていました。同時に3年生になった時から塾に通い始めました。通ったのは中学受験では名門で最大手です。親として万全の対策をと思ったのもつかの間、最初ははりきっていた息子がだんだんとやる気をなくし、4年生になったころには塾に行きたくないと言い出すようになってしまいました。
息子はどちらかと言ったら気が弱く、積極的に話ができないので、他の小学校からも多くの子供がいる大手では圧倒されてしまったみたいです。あわてて、他を検討しました、そして最大手ではありませんがアットホームで先生と生徒の距離がとても近いと感じた塾に4年生の夏休みから変えました。もう後がないという気持ちでいっぱいでしたが、息子にとって2番目に行き始めた所はとても合っていたみたいで、いやがらず自分から進んで行ってくれました。
塾選びは親の目線ではなく子供の目線もしっかり考慮して選ぶべきだと痛感しました。おかげで、大変な受験期間も乗り切り何とか志望校の合格を手にすることができました。あのまま嫌々合わない環境で勉強させていたら、多分、合格はできなかった気がします。塾選びの重要性を痛感した中学受験でした。